おだく・にっき

気合い 仁義 最強 アニメオタク

俺「る、ルビーちゃん! おちんちん激しくしないで!」 ルビー「うるさいですね……」シコシコシコ

俺「あ、あぁ~ッ!」 ドピュドピュドピューッ!

ルビー「はい、今日の搾精は終わり。お疲れさまでした」

俺「うぅ……あ、ありがとうございました……」

数週間前、念願のビーコンに入学したのだが、『女性ばかりの街で若い男を野放しにすると皆レイプされるのでは』
という懸念の声があり、結果、ルビーちゃんが定期的に俺のオチンチンから精子をシコシコしてくれるようになった。しかしルビーちゃんはなんだか
俺のことがキライみたいで、いつもいつも不愛想にオチンチンシコシコして、ちんちんイタイイタイなのだった。

俺「トホホ……ルビーちゃん可愛いのにオチンチンシコシコはイタイイタイなんだから……あーあ、どうにかしてルビーちゃんの精液ピュッピュをやさしくて気持ちいものにしてもらえないかな~、ん?」

深夜なのにルビーちゃんの部屋から明かりが漏れている。

ルビー「よいしょ……よいしょ……」

俺(る、ルビーちゃんが、自分の部屋でおちんぽディルドを相手にオチンポシコシコの練習をしている!?)

ルビー「ふぅ……こんなものですかね……。もっと気持ち良くなってもらえるように頑張らないと……」

俺「ルビーちゃーん!」 バターンッ!

ルビー「ひゃあッ!?」

俺「る、ルビーちゃーん! ごめんよーッ! ルビーちゃんは毎日俺のためにオチンチンしこしこの練習してたのに俺はそんなことも知らずに……ッ!
  ハフッ!ハフッ! ルビーちゃんの湯上りふとももいい匂い!」

ルビー「ど、ドサクサにまぎれて匂いを嗅がないでください!」

俺「ご、ごめんねルビーちゃん……!」

ルビー「べ、別に、オチンチンしこしこ練習するくらい普通です……。それが私のお仕事なんですから……。それに、私は下手で、あんまり気持ちよくなってもらえないから」

俺「そ、そんなことないよ! ルビーちゃんのその気持ちだけで俺は十分オチンチン気持ちいいんだよ! あっ、そ、そうだ! ルビーちゃんおてて出して!

ルビー「こ、こうですか?」

俺「そう! それじゃあ今からオナニーするからね! ルビーちゃんのやわらかおててにドッピュするからね! ちゃんと受け止めてね!」

ルビー「えっ、えっ?」

俺「ウオーッ! ルビー! ぷにぷにおててに出すぞ!」ドピュドピュドピューッ!

ルビー「ひゃあッ!」ビシャーッ

俺「くっ、ふぅ……! す、すっごい濃いのが出たぁーッ!」

ルビー「ほんとうです……で、でもなんで……?」

俺「それはね……ルビーちゃんの気持ちが、俺に伝わったからだよ! ルビーちゃんの他人を思いやる優しさがね!」

ルビー「私のやさしさ……」

俺「そう! だから、テクニックなんて、二の次なんだよ! オチンチンしこしこは、上手い人にやってもらうより、好きな人にやってもらうのが一番気持ちいいんだよ!」

ルビー「す、好きって……はわわ……あ、あの……もうちょっとだけ、練習に付き合ってもらってもいいですか?」

俺「もちろん!」
その後、俺は一晩中ルビーちゃんのおててに射精を続けて次の日の朝は起き上がれないほど疲弊していた。
でもまぁ、その日以来、おちんちん搾りをするときルビーちゃんが耳元で「好きです」とつぶやいてくれるようになったので結果オーライ! 終わり